不労収入で隠居生活を目指す、雇われパパの副業日記

いっしゅうしずるのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬が2匹。

ニュースで、被災地で犬の映像が流されていた。



泥水で汚れきった身体、

カメラに近づいてくる足取りも元気がなく。

弱々しく吠えた。

首輪をしている、

被災された方の飼い犬なのだろう。

いったい飼い主はどうされたのだろうか?

避難所にいるのだろうか?
それとも、もう…

犬が戻って行った先には、
もう一匹の犬の姿が。

全然うごかない。

もう亡くなってしまっているのだろう。

戻って行った犬は、

その場を動こうとしない。
もう、動かなくなった犬を守っているのだろうか?

自分も地震、津波をうけて、

まともに動く事もしんどいだろうに、

カメラに吠えにきたのは、

近付くなと言っていたのだろうか?




その時、倒れていた犬が動いた。

よかった、

どうやら、亡くなってはいないようだ。




だが、被災地のあの惨状では、

飼い犬が、生きていくには、

厳しすぎる環境だ。

人であっても連絡も取れず、

安否確認もままならない状況で、

飼い主に見つけてもらうのは、

至難のわざだろう。



例え飼い主に見つけてもらっても、

物資が全然足らない状況で、

避難所が動物を受け入れるとは考えづらい。



頑張れ、

いっしゅうしずるも、

心からエールを送る。

みなさん、もしもの時の備えは万全ですか?
スポンサーサイト
  1. 2011/03/15(火) 23:51:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<また、地震 | ホーム | 東北地方太平洋沖地震>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://issyuusizuru.blog79.fc2.com/tb.php/3-96ad4d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。